バンコク2日目 1月1日元旦にワット パクナムへ行ってきた

昨日パタヤからバンコクへ移動して2日目。

バンコクへ到着した日は、ICONSIAM(アイコンサイアム)で年越しの花火を見て終了しました。

タイ旅行のメインイベント ICONSIAM(アイコンサイアム)の年越しの花火を見に行く

2020年1月15日

1月2日の11時発の飛行機で日本に戻りますので、実質タイで過ごす時間は今日が最後です。

1月1日元旦にワット パクナムへ行ってきた

バンコク2日目 1月1日元旦にワット パクナムへ行ってきた

一緒に行ったおねーちゃんが、インスタはしていませんがインスタ映えするワット パクナムへ行きたいとのことでしたので向かうことになりました。

ワット パクナムは、結構宿泊したホテルから近い場所にありました、

Google Map上では、ウターカート駅から行くルートが表示されますが、どこかのブログでタラートプルー駅からワット パクナム行きのソンテウが出ているから行きやすとのことでしたのでタラートプルー駅で下車します。

バンコク2日目 1月1日元旦にワット パクナムへ行ってきた

タラートプルー駅は、Surasak駅と同じぐらい周りに何もない駅になります。

バンコク2日目 1月1日元旦にワット パクナムへ行ってきた

駅から降りた時、目の前でソンテウが出発してしまいました。

5分ぐらい待ってもパタヤのように次のソンテウは来ませんでしたので、近くにいたバイタクのおじさんにワット パクナムまで連れて行ってもらうことにしました。

バイタクの料金は、一律で決まっているようです。

おじさんの後ろ表に記載がありました。

バイタクは、50バーツか70バーツぐらいでした。ソンテウの料金は7バーツか8バーツとどこかのブログで読みましたので、バイタクは10倍近くになります。
バンコク2日目 1月1日元旦にワット パクナムへ行ってきた

バイタクで、このアーケード様な所の手前で降ろされます。

個人的にバイタクに乗って正解でした。

途中で、先程乗り遅れたソンテウを抜かして先にワット パクナムに到着することができました。

アーケードを出た辺りを右に曲がるとワット パクナムにたどり着きます。

バンコク2日目 1月1日元旦にワット パクナムへ行ってきた

中には、靴を脱いで入ります。

バンコク2日目 1月1日元旦にワット パクナムへ行ってきた

1階から4階までは、金色の仏像が飾ってありお祈りをしている人がたくさんいます。

バンコク2日目 1月1日元旦にワット パクナムへ行ってきた バンコク2日目 1月1日元旦にワット パクナムへ行ってきた バンコク2日目 1月1日元旦にワット パクナムへ行ってきた

ワット パクナムのインスタ映えポイント

バンコク2日目 1月1日元旦にワット パクナムへ行ってきた

タイの情報誌の表紙などに映されている場所は、5階にあります。

バンコク2日目 1月1日元旦にワット パクナムへ行ってきた

360°どの角度から見ても、同じような模様になります。

バンコク2日目 1月1日元旦にワット パクナムへ行ってきた

5階から下を見下ろすとこんな感じです。

バンコク2日目 1月1日元旦にワット パクナムへ行ってきた

1月1日でも隣にある大仏の工事は行われていました。

タイ人には、1月1日お正月はあまり関係ないのでしょうか?

バンコク2日目 1月1日元旦にワット パクナムへ行ってきた

帰りは、屋台がある通りを歩いてソンテウ乗り場に行きました。

帰りはソンテウでBTSの駅まで8バーツとなりましたが、出発は10人ぐらいでしたが途中で人が増えて25人ぐらいの人でいっぱいとなってしました。暑いのと渋滞で結構時間が掛かりましたので少し値段は高いのですがバイタクの方が渋滞に捕まる事もなく早く移動ができますので、お勧めです。

ICONSIAM(アイコンサイアム)へ

バンコク2日目 1月1日元旦にワット パクナムへ行ってきた

BTSのタラートプルー駅のホームから大仏の頭が少しだけ見えます。

この後は、昨日花火を見に行ったICONSIAM(アイコンサイアム)へ行って昼食を食べます。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です